マメ知識

北海道産の真昆布の「天然モノ」と「養殖モノ」の違いについて

Pose syourai woman真昆布の天然モノと養殖モノの違いについて悩んでいる人
「天然モノの昆布と養殖モノの昆布ってどう違うの?やっぱり天然モノの方が良い商品なの?生産している人から直接聞きたい。そして用途についても違いがあるなら知りたい。」

 

こういった疑問にお答えします!

  • ①北海道産の真昆布の天然モノについて
  • ②北海道産の真昆布の養殖モノについて
  • ③それぞれの真昆布のメリット・デメリットについて
  • ①天然モノと養殖モノの真昆布の違いがわかる
  • ②生産量・価格の差がわかる
  • ③養殖モノの魅力がわかる

こんにちは!こんぶ先生です。
この記事を書いている僕は、昆布作業歴が25年ほどで「昆布の生産量日本一」の町である「函館(南茅部地区)」に現住で、昆布の作業をしつつもサイトを運営しています。

興味があれば、こちらの「こんぶ先生のプロフィール(@konbulog)」もチェックしてみてください。

昆布に関しての素朴な疑問や、不安な方はぜひ記事をご覧ください。

※記事は2分くらいで読み終わります。深掘りした解説などは、関連記事にてご確認ください。

北海道産の真昆布の天然モノについて

北海道産の真昆布の天然モノについて

天然と聞くだけでも、稀少価値が高いというイメージがついてきます。

天然モノの真昆布というのは、人の手を加えずに自然環境のみで育った真昆布のことです。

天然モノの真昆布のデメリット

天然モノの真昆布のデメリット
  • 自然環境に大きく左右されるため安定供給できない
  • 生産量が少ないため、価格は高い
  • そもそも手に入りにくい

天候に大きく左右されるため、悪天候が続けば水揚げに大きな影響が出ます。最悪の場合、その年の水揚げがゼロというケースもあります

素晴らしい昆布とはいえ、欲しくても手に入らないのであれば、どうしようもありませんよね。

ここ数年、天然真昆布の出荷量は激減しており、その地区で1〜2回しか、採集できない年が続いております。天然真昆布自体が育っていない、という状況のため、早急な対策が必要と考えられています。

さらには、水揚げが少ないと価格も上がるため、さらに手に入れにくい状況となります。

天然モノの真昆布のメリット

天然モノの昆布のメリット
  • 分厚いため、より濃厚なダシが出る
  • 天然のため、稀少価値が高い
  • 天然昆布を主食としたウニやナマコが育つ

自然環境で伸び伸びと成長するため、身入りがよく分厚いのが特徴です!

濃厚なダシが出る、かつ身は分厚い、という文句のつけどころの無い、素晴らしい昆布といえます!

さらに、エゾバフンウニムラサキウニナマコなどの高級食材が育つために、欠かせない資源でもあるのです。

北海道産の真昆布の養殖モノについて

北海道産の真昆布の養殖モノについて

養殖モノと聞くと、安定して生産でき、比較的手に入れやすいイメージがあります。

水揚げ量日本一を誇る、南茅部地区の真昆布ですが、そのほとんどの割合を占めているのが、この養殖モノの真昆布です。

養殖モノの真昆布というのは、自然環境だけでなく、昆布のタネ糸を綱(つな)につけ、人工的に育てた昆布のことです。

養殖モノの真昆布のデメリット

養殖モノの真昆布のデメリット
  • 間引きなどの手入れが必要になる
  • 昆布を主食としたコケムシなどが付着する
  • 同じ真昆布でも水揚げ時期によって用途がかわる

間引き(まびき)というのは、成長の早い昆布を残して、成長の遅い昆布を切り落とすことで、成長の早い昆布をさらに成長させるために必要な作業のことです。

とはいえ間引かれた昆布は、成長が遅いからといって捨ててしまうのではなく、おでんの具に入る昆布に適していたり、なべ用の具材として使われる昆布となります。

養殖モノの昆布の1番のデメリットといえば、天然モノの昆布にはあまり付着しない、コケムシと呼ばれる生物が付着してきます

ですが、商品になる前にしっかりと除去しているため直接口に入ることはありませんのでご安心ください!

養殖昆布の水揚げのピークは7〜8月なのですが、そのよりも以前に間引かれた昆布は柔らかいため、ナベやおでんの具として重宝します。昆布と一言で言ってしまうと、「だし用のみ」と認識されることもあるため、当記事をご活用いただき、理解を深めていただければ嬉しいです。

養殖モノの真昆布のメリット

養殖モノの真昆布のメリット
  • 生産量が多いため、比較的手に入りやすい
  • 天然モノと比べて、価格は安い
  • 天然モノに負けないくらいの濃厚ダシがとれる

一番のメリットとしては、悪天候にもあまり左右されず、安定して生産・供給できます。(※大型台風の場合は多少影響あり)

大量生産できるため、価格も安定しており、比較的手に入りやすいのも特徴です。

ダシに関しても、濃厚なダシが取れ、料亭などでも使用され、高級昆布として愛されています。

ダシ用だけでなく、おでんの具などに使える柔らかい昆布にもなります。(間引いた昆布)

養殖と聞くと、天然よりも下なイメージを持ってしまいがちです。

ですが、価格が高すぎない・手に入りやすい上に多用途にも使えると考えると、重宝できるモノだと気づくはずです。

ぜひ正しい知識を深めて、昆布を活用していきましょう。

まとめ:北海道産の真昆布は、養殖モノも天然モノどちらも優れものです。

天然モノの真昆布のデメリット
  • 自然環境に大きく左右されるため安定供給できない
  • 生産量が少ないため、価格は高い
  • そもそも手に入りにくい
天然モノの昆布のメリット
  • 分厚いため、より濃厚なダシが出る
  • 天然のため、稀少価値が高い
  • 天然昆布を主食としたウニやナマコが育つ
養殖モノの真昆布のデメリット
  • 間引きなどの手入れが必要になる
  • 昆布を主食としたコケムシなどが付着する
  • 同じ真昆布でも水揚げ時期によって用途がかわる
養殖モノの真昆布のメリット
  • 生産量が多いため、比較的手に入りやすい
  • 天然モノと比べて、価格は安い
  • 天然モノに負けないくらいの濃厚ダシがとれる

北海道産の真昆布の「天然モノ」と「養殖モノ」の違いについて、は以上です。

ご意見・ご感想がございましたら、TwitterのDM(@konbulog)か、コチラの問い合わせページよりお送りください!

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です