保存方法

干ししいたけの開封後の正しい保存方法について【湿気と日差しでダメになる】

Pose syourai woman干ししいたけの保存方法で悩んでいる人
「開封した後は、どう保存するのがよいのか?買った袋のままで保存してダメな理由があるなら知りたい。正しい保存方法があるなら、その方法とどれくらい日持ちするかも知りたい。」

 

こういった疑問にお答えします!

  • ①干ししいたけの開封後の正しい保存方法について
  • ②干ししいたけのだし汁の保存方法について
  • 開封後の干ししいたけの正しい保存方法が理解できる
  • ②正しい保存方法をしないと、どうなるのか、が理解できる
  • ③どれくらい日持ちするのか理解できる
  • ④弱点が湿気と日差しであることが理解できる
  • 取っただし汁の保存方法が理解できる

この記事を書いている僕は、昆布作業歴が25年ほどで「昆布の生産量日本一」の町である「南茅部地区」に現在も住んでいて、昆布の作業をしつつもサイトを運営しています。

昆布と干ししいたけに共通点はないように思われがちですが、同じ乾物であり、かつダシが出る&昆布との相性がバツグンな食材なので、親友といっても過言ではありませんw

興味があれば、こちらの「こんぶ先生のプロフィール(@konbulog)」もチェックしてみてください。

干ししいたけに関しての素朴な疑問や、不安な方はぜひ記事をご覧ください。

※記事は3分くらいで読み終わります。深掘りした解説などは、関連記事にてご確認ください。

干ししいたけの開封後の正しい保存方法について

干ししいたけの開封後の正しい保存方法について

開封後の干ししいたけは、正しい方法で保存する必要があります!

その理由は、干ししいたけは湿度や温度の変化によって簡単に劣化してしまうからです。

劣化してしまうことは、美味しく食べられなくなることを意味します

身体にとっても美味しい食材にも関わらず、ダメにしてしまうことは本当にもったいないことです。

ですので、今回は開封後の正しい干ししいたけの保存方法について、解説します!

①開封後はジップロックなどの密閉できる袋に入れる

開封後はなるべく早めに、ジップロックなどの密閉できる袋に入れましょう。(昆布・かつお節・いりこ(煮干し)も共通です)

入れる時のポイントとしては、空気をしっかり抜くこと

市販されている干ししいたけは、真空パックに入った状態で販売されています。そのため、一定の品質が保たれています。

開封するということは、その環境をガラッと変えてしまうため、湿気が多い場合だとすぐに湿気を吸い込んでしまいます

高級な干しシイタケだとしても、しっかりと保管されていないと、高かったにもかかわらず、美味しくないダシしかとれません。

だからこそ、開封後は速やかに密閉できるジップロックなどの袋に入れるようにしましょう

②冷凍室・冷蔵庫、もしくは湿度の低い場所に保存する

干ししいたけの保存に適している場所は、湿度の低い場所、もしくは冷凍・冷蔵庫です。

ジップロックなどの密閉できる袋に入れてしまえば、さほど気にしなくてもよいのですが、用心しておくに越したことはありません!

たとえジップロックだとしても、何かの拍子に穴が空いてしまえば、ガンガンと湿気を吸い込んでしまいます

ですので念には念をいれ、冷蔵庫や冷凍庫に入らないのであれば、必ず湿気の少ない場所にて保管しましょう。

干ししいたけの保存場所ベスト3
  • ①冷凍室
  • ②冷蔵庫
  • ③湿度の低い・日を浴びない場所

③直射日光の浴びない場所で保管する

干ししいたけは、直射日光を浴びることで日焼けし、劣化してしまうため、日を浴びない場所で保管する必要があります

ただし、すぐに使用する場合であれば1時間ほど日差しを浴びせることで、ビタミンDなどの含有量が高まるため、そういった使用方法もあります!

ですが保存する場合は、基本的には直射日光はNGですので、間違えないようにしましょう。

干ししいたけの保存場所ベスト3
  • ①冷凍室
  • ②冷蔵庫
  • ③湿度の低い・日を浴びない場所

※開封後の保存期間の目安は1ヶ月

干ししいたけの開封後の保存期間の目安は1ヶ月です。

一度空いてしまえば、酸化するなどの劣化を止めることはできません

ですので、1ヶ月と言わずにできるだけ早く使用しましょう

干ししいたけのダシの抽出方法は、冷蔵庫内で水に浸けおきするだけなので非常に簡単です。

詳しくは以下の記事にて書いておりますので、興味があれが読んでみてください。

干ししいたけで取ったダシの保存方法について

干ししいたけで取ったダシの保存方法について

干ししいたけで作っただし汁は、冷蔵庫・冷凍室にて保存しましょう

冷蔵庫であれば3日以内に使い切りましょう。だしを取った容器のままでOKですし、ジップロックなどに詰め替えるのでもアリです!

冷凍保存であれば1ヶ月が保存期間の目安となります。
※目安の基準は、うま味や風味が保たれる期間を意味します。

冷凍保存する際には、「フリーザーパック」か「だし氷」にするのがオススメです。

※商品リンクは参考までに。だし氷用の容器は100均で買えるため、100均で買うことをオススメします。

まとめ:干ししいたけはジップロックに入れて冷凍するのが正しい保存方法です

まとめとして

開封後はジップロックなどの密閉できる袋に入れること。その際はしっかりと空気を抜くこと。

保管場所として、可能なら冷凍室・冷蔵庫にて保存すること。

冷蔵庫・冷蔵室が入らない場合は、湿度が低く、直射日光が当たらない場所で保存すること。

保存期間の目安は約1ヶ月。

抽出しただし汁の保存方法について
  • 冷蔵庫での保存の目安は3日
  • 冷凍室での保存の目安は1ヶ月

(フリーザーパック・だし氷にする)

干ししいたけの保存方法については以上です。

正しい保存の知識を持って、美味しく楽しいダシライフを満喫しましょう!

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です